辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◇本:浅田次郎が憎い!「輪違屋糸里」
2005-08-26 Fri 00:13
浅田次郎が心から憎い!!…と、思った作品(笑)


輪違屋糸里 上
下もありますよ。


京都の置屋(※置屋:Yahoo!辞書の解説)「輪違屋」の芸妓・糸里を中心に、“芹沢鴨暗殺事件”に関わった女性からの視点も入った新しい『新選組小説』
※主な題材の“芹沢鴨暗殺”は事実ですが、あくまでフィクションです。


私はもともと世間で言う“ベストセラー作家”を、避けて通るのですが(笑)←天邪鬼なんです
…それなのに、恥ずかしながら「輪違屋」を読んで泣いてしまいました。


もう、主人公の糸里ちゃんが不憫で不憫で…
土方歳三に恋心を寄せるのですが、芸妓故にそこは叶わぬ思い、しかも彼女のそんな思いを知ってか知らずか、彼女を利用して一企みする土方…。
よくどんな話でもカッコ良く二枚目に描かれる「土方歳三」が、とんだタラシの鬼畜に見えました(苦笑)


この物語に出てくる、男たちは全員

『そんなに侍が大事か~~!大馬鹿者っ』

と、言ってやりたいくらい(笑)


嗚呼、こんな話を書いた浅田次郎を心から憎いと思いました(コレ2回目。)


そして、現在も続いている舞台となった「輪違屋」の現当主と、浅田次郎さんの対談がありました。
こちら浅田次郎の対談


あ、映画「壬生義士伝」も“中谷美紀”目当てで見て、中井貴一に泣かされたんだった…(-_-;)
あれも辛い映画だったな~。
別窓 | 読書徒然 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<◆目が~!目が~~!! (BlogPet) | デンドロ・カカリア | ◆リベリオン>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
輪違屋糸里(浅田次郎)
輪違屋糸里(文藝春秋) ★★★★☆:90点 文句無し。抜群の面白さ。 さながら「女たちの新選組」といった趣がある異色の新選組ものである。 ~Amazon 内容(「MARC」データベースより)~     …
2005-10-27 Thu 22:21 ひろの東本西走!?
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。