辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◆本:はたらく、ということ
2012-03-11 Sun 12:00
ちょっと前に読んだ本2冊。

●1冊目
なぜ、はたらくのか―94歳・女性理容師の遺言『なぜ、はたらくのか―94歳・女性理容師の遺言』
加藤 寿賀(著)




●2冊目
『カンザスの日本人―ガラスに魅せられた男  大野 貢 (著) 』
(多分、絶版と思われます。出版元の講談社のサイトでも出てこなかったので。)


バーバーホマレという理髪店で、理容師として天寿を全うした加藤寿賀(かとう すが)さんと、
ガラス職人という自分の腕一つで、アメリカに渡りそこで人生を終えられた大野貢(おおの みつぎ)さんの、
それぞれの人生における沢山の経験と、沢山のことば。

どちらの本を読んでも、それぞれの作者が、
「こつこつと、ただひたすらまじめに一生懸命働き続けた」という生き様が描かれていた。

当たり前だけれど、難しい、だけれどそれが人生。
どちらも「はたらく」ということについて、改めていろいろと深く考えさせられ、
読後に元気になれた良本。

別窓 | 読書徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<◇踊りだすハーモニー/ ソノダバンド | デンドロ・カカリア | ◇多国籍バンド /THE Go! Team>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。