辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◇真珠の耳飾の少女
2007-04-23 Mon 23:03
暗闇の中にひとり佇む少女の、振り向きざまの光に照らし出された
強い眼差しに思わず魅入ってしまう。

「心まで描くの…?」

フェルメールが描いた絵を見て、モデルの少女が呟いた言葉。
なんて印象的な言葉だろう。


真珠の耳飾りの少女


17世紀の画家ヨハネス・フェルメールの描いた、
『真珠の耳飾の少女』の絵にまつわる完全なるフィクション。

物語の内容は、まるでスポーツ新聞並みの無粋極まりない、
お粗末なものなのだけれど、
モデルの少女役をしたスカーレット・ヨハンソンの、
清楚な中に初々しくも目を見張るような美しさに息をのむばかり。


Wikipediaによる、ヨハネス・フェルメールの項目
●http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%
AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB



それにしても、フェルメールの“エロイ注文”に笑った。
『…もっと、上唇を舐めなさい』(確か、こんな風な要求をしていた。)
やっぱり“オッサン”は助平なのだと再確認(苦笑)

フェルメールの娘の中に、映画:ナルニア物語の長女(アナ・ポップルウェル)が出ていました。
やっぱり、存在感ある個性的な顔立ちだなぁ~。
別窓 | 映画徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<◆サルバウアー | デンドロ・カカリア | ◆傲慢な感情。>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。