辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◆祖母と、あめ屋
2006-09-18 Mon 22:41
本日は「敬老の日」という事で、夕方のニュースでは日本最長寿の方が映されたり、各地の行事など和みの映像が流れました。
そのニュースを眺めながら、既に亡くなった祖母の話となり、
妹は全く覚えていないのに、私は記憶しているという“奇妙な祖母の行動”があったのです。


それは、母が弟を産むため祖母宅に妹と2人預けられていた時の事なのですが…。
小さい頃は特に(歳が近い姉妹なので)、些細な事でもすぐ喧嘩になります、
ほんの少し前まで一緒に遊んでいたと思えば、掴み合いの喧嘩はいつもでした。

祖母宅でもそれは変わらず、二人して大泣きしているところに祖母が、
「飴屋さんを呼ぼうか?!」と私たちに言って聞かせ、
祖母宅の裏手は山と畑しかないのに、台所の勝手口を開けそこから、
「飴屋さ~~~ん、飴を下さい!」と言って、
細長いストローの先に付いた飴を、5~6個ほど小さなブーケ状に束ねた物をそれぞれに与えてくれました。
その時は喧嘩した事もどこ吹く風、既に泣き止んで再び妹と遊んだと記憶しています。


……しかし、今にして思えば、
当時の祖母宅は、街からは程遠く買い物するにも不便なところでした。
それなのに勝手口から、「飴屋さん!」と呼んですぐ来て貰える様な“行商”も居なかった筈で、
そうなると私たちが貰った飴は、祖母が何処かに予め用意していたものでないと、不思議な事になります。
(…多分、そうなのだと思うのですが。)


きっと祖母なりの、喧嘩した私たちの気を引くパフォーマンスだったのかなぁ~~、と今にして気付いた敬老の日でした。
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<◇金剛地さんがウケたのは…?! | デンドロ・カカリア | ◇経験値UP♪>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。