辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◇F1第13ハンガリーGP 今更ですがまとめ
2006-10-22 Sun 23:12
2006年F1GPブラジル戦。
とうとう皇帝と謳われたM・シューマッハのラストランが、あと4時間ほどで始まります。

いつもその名を聞くことが出来た人が、とうとう引退してしまう。
それを思うとなんだか寂しい2006年の最終戦ですが、自分もそれだけこのF1を見てきたのだなぁ~~と、
時間の流れを感じています。(しみじみ)



そしてかなり出遅れ投下となりましたが、F1まとめ記事・前編。
気合い入れて参りましょう~~♪

第13戦 ハンガリーGP(08/06)

ライコネンがポールポジション!
2番手マッサ3番手バリチェロ
12番手M・シューマッハ
15番手アロンソ
バトンは14番手からのスタート。


雨のハンガリー、路面はウェットコンディション。
オープニングラップからマシンがスピンしてしまうハプニングもあり。
ストレートではマシンの後方からは水煙が立ち上ります。


3周目に4番手と5番手にポジションを上げてきたシューマッハとアロンソが直接対決!
前方のシューマッハをアロンソが交わして前に出ます。
6周目にはバトンはシューマッハを交わして4番手に浮上!!
あまりタイムが伸びないMシューマッハは5番手のポジション。


わずか24周目に1位を独走中のアロンソがシューマッハを周回遅れにしてしまいました。
26周目にライコネンがリウィッツィのマシンに乗り上げる接触!
コースに散乱したマシンの破片がマシンのダメージの大きさを語っています。
そのままライコネンはコースアウト、リタイア。
19周目バトンは2番手のポジション。


レースも中盤を過ぎた頃から、雨は上がりマシンが通り過ぎた後の路面はドライとウェットの差が目に見えます。
後半は各マシンタイヤ選択が大きな鍵を握るようです。


41周目にはバトンがアロンソの後方に迫る映像が画面に映し出されます。
52週目にドライタイヤに履き替えるためピットインしたアロンソがコースに戻る際なんと前に出て1位に♪♪
……と、一周もせずにアロンソのマシンがコースアウトそのままリタイアという事態に!!


残り8周目あたりからの見所は、2・3番手のM・シューマッハとデ・ラ・ロサとの攻防。
残り3周あたりにM・シューマッハのマシンが急不調。なんとそのままピットイン。貴重なポイントを失います。

そのままバトンはチェッカーフラッグを受けて優勝!

ジェンソン・バトン103戦目にして初優勝!


HONDAエンジン39年ぶりの勝利!!

7年目にして初めて手にした優勝カップ。
7年分の思いを込めて、おめでとうバトン



結果
1位 バトン
2位 デ・ラ・ロサ
3位 ハイドフェルド



バトンのマシンに丁寧な走りが功を奏したのか、始終安定した走りで見ていて良かったです。
ひょっとして、バトンは悪路の方が成績が良いので……すか?(苦笑)
別窓 | Racing徒然 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<◆F1第14戦トルコGP&第15戦イタリアGP 遅れ馳せながらまとめ | デンドロ・カカリア | ◆あぶ刑事とDEATH?>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
さよなら~ F1パイロット M.シューマッハ♪15年の現役生活で250戦に出場、91勝と前人未到の記録を残したM.シューマッハ引退!! …
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。