辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◇陰陽師2
2006-07-25 Tue 20:55
昨晩TVで放送されていましたね「陰陽師2」

前作は真田さんとキョンキョンこと小泉今日子さんのお陰で、
何とか 堪えられた。 まとまった感があったのですが…
「陰陽師2」を劇場でリアルタイムで見ていた時のイタさは何とも…、
とても甘酸っぱい思い出です(苦笑)それでも、

萬斎さんは悪くないっ!! この一言に尽きます。


陰陽師 2

今作のメインは“陰陽師 (都)”vs“神 (出雲)”のお話。
18年前に滅ぼされた出雲一族の生き残り日実子(深田恭子)その生き別れの弟・須佐(市原隼人)
その2人を利用し朝廷に復讐しようとする父親・小角(中井貴一)。
それを止めようとする安倍清明(野村萬斎)…が、大筋です。

この“神 (出雲)”の部分は『古事記』『日本書紀』あたりから引用しています。
ただ、下手に色んな設定を引っ張ってきたので収まりが悪い仕上がりに(苦笑)
ツクヨミは、アマテラスとスサノオの母親だったりします!…Σ( ̄□ ̄) ソンナバカナ
映画なのでインパクトの強い絵面が必要なのかもしれませんが、
天岩戸を開くシーンや鬼に変化して暴れるシーン等は、前作より出来が悪く見え、
本来の「陰陽師/夢枕獏・岡野玲子」のストーリーからは、少々かけ離れてしまったように思いました。

役者さんに対しては、
萬斎さんの“のらり、くらり、飄々”とした雰囲気の“阿部清明”は、とてもはまり役で大好きなのですが、
今回の“アメノウズメ”に扮する女装は、微妙な出来上がりで「もうちょっと化粧を…」と失礼ながら失笑もの。
深キョン&市原隼人さんの演技が浮いてしまっているので、本作品において違和感アリアリ。
源博正役の伊藤英明さんも、まだちょっと(2作目なのに)平安貴族の衣装に馴染んでいないような…(苦笑)
蜜虫役は……何も言うまい。

あと中井貴一さんは、ほんっっと~~~うに“芸達者”だなと思います。
頭に“とんがりコーン”みたいな帽子を乗っけて、アップ画面で笑ってしまいましたが。
どんな映画でも役どころにハズレなし!!その映画の雰囲気にピタッとハマるから凄い。
まるで、中国映画に於ける“ジャッキー・チェン”のようだっ!!(さり気なくフォローのつもり。)


映画「陰陽師」は、2より1の方が面白かったと思います♪♪

ちなみに、旧ブログにて「陰陽師1」の感想も書いています。
お暇でしたら、どうぞ~。
http://blog.goo.ne.jp/dendro999/e/c2c5cea1f51bfa60b4185c456879e4b2
別窓 | 映画徒然 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<◆人の噂も75日… | デンドロ・カカリア | ◆角玉梅酒 LOVE>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
いや、あのその・・・伊藤英明さんめちゃくちゃガングロ。(爆) 「陰陽師?」が2003年10月公開、 「海猿」が、2004年6月公開。 ・・・仙崎さん訓練中に源博雅の演技を ブッキングしたらあかんやろ~。(´▽`*)アハハ (海猿の撮影は3ヶ月ほどだったようですが …
2006-07-26 Wed 03:56 ペパーミントの魔術師
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。