辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◆ロード・オブ・ザ・リングなんて目じゃない!!
2005-06-29 Wed 00:50
NHK-BSにて、28日夜に放送された「タイタンの戦い」

タイタンの戦い 特別版

1981年作、ギリシャ神話にある「ペルセウスが王妃アンドロメダを助けるまで」を描いた“特撮”映画です。
ストップモーション・アニメの巨匠レイ・ハリーハウゼンが特殊効果を担当した最後の長編作品。<NHK-BS紹介より>
と紹介の通り、現代のSFXなんて目じゃないくらいの、“怪物”や“ペガサス”や“動く骸骨”の映像を見て驚きました。
全くCGがなく、特撮やアニメーションの合成で作られた作品なのですが、現在見てもその素晴らしさは際立っています!!

登場人物の中にマギー・スミスさんがゼウス率いる“神族”の中にいました。
最近の作品では、「ハリー・ポッター」シリーズのマクゴガナル先生役の方です。


ちなみに27日に放送された、「アルゴ探検隊の大冒険」これもちょこっと観ました。

アルゴ探検隊の大冒険

1963年作…40年前の作品です。これもレイ・ハリーハウゼンさんが特撮部分を手がけているそうです。

ギリシャ神話「アルゴ船の遠征」を映画化したファンタジー・アドベンチャー。幸福をもたらすという黄金の羊の毛皮を求めて旅する王子イアソンの冒険を描く。数多くの特撮映画を手がけてきたチャールズ・シニアとレイ・ハリーハウゼンの代表作であり、ストップモーション・アニメの歴史に名を残す最高傑作。クライマックスのがいこつ剣士たちとの戦いのシーンは、がいこつの動きが驚くほどリアルで圧巻。<NHK-BS紹介より> 

まさに、最後の紹介の部分にある「ガイコツの剣士との戦いのシーン」に驚きました。
合成映像なのにちゃんとガイコツに“影”がついているのです…
凄い映画があるもんだ…
あと、デジタルリマスターありがとう
別窓 | 映画徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<◇原作あっての、「電車男」 | デンドロ・カカリア | ◇ご当地ヒーローとお父さん!>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。