辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◆映画「U-571」とエニグマ解読!
2006-03-07 Tue 00:05
まずは、こちら
ナチスのEnigma暗号、分散型コンピューティングで解読

第二次世界大戦中に傍受されたナチスのEnigma暗号が、分散型コンピューティングプロジェクトのM4で解読され、Uボートから発信されたメッセージであることが判明した。
2006年03月04日 08時40分
ITmedia News より


以前、紹介しました SETIプロジェクト(1/12のblogより) の時と同じ技術の応用で、
こちらの「エニグマ解読」は成功した例(笑)


そして、“エニグマ”と聞けば、この映画(?)


U-571


あらすじ:
第2次大戦下、北大西洋上で独軍のUボートが故障のために漂流していた。
そこで米海軍の潜水艦がUボートに偽装して接近を謀る為、ドイツ語の堪能な兵士が居る主人公の所属する部隊が派遣される。
ねらいは暗号解読機「エニグマ」の奪取。
だが敵襲で艦長は戦死し、艦長不適格とされた副官(主人公)が指揮を執ることになる。
ドキドキ、ハラハラ潜水艦パニックムービー☆


ボンジョヴィ 目当てで見たのですが、
初めの1時間も経たないうちに海の藻屑と消えてしまったので、
あっという間に見る気を失せさせた素敵な映画(苦笑)&(涙)


主人公は居るのに、際立って活躍がある訳でもなかったので、
あまり共感(感情移入)できるようなものは無く。
そして大人数のキャストも上手く絞れずに、全体的にピントがずれてしまったような感じでした。


駆逐艦が迫ってくる時の、音は緊迫感があったのかもしれないけれど、
後で冷静になって見ると、突っ込まずには入られない位頑丈に出来たUボート。
老体(潜水艦)に鞭打ちすぎだってば( ̄□ ̄;)!!


メッセージ色が濃い訳でもないので、
深く考えずに流すように見ていられる娯楽映画。


最後はこの一言に尽きる、

私のボンジョヴィを返せ~~!!

(…また、妄想が始まった(-_-;))
別窓 | 映画徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ◇私が惚れたロシア人 (BlogPet) | デンドロ・カカリア | ◇第78回アカデミー賞>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。