辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◆ほしのこえ
2006-01-31 Tue 20:14
先日の1/23『◇10年後…』 
の記事にて、“冥王星まで10年の距離”というような話をしましたが、
そのときに一緒にUPする予定だった記事を忘れていました。


宇宙距離の“長距離恋愛”を描いた、個人作成の短編アニメ・ムービー
「ほしのこえ」を見たので感想を…



「ほしのこえ」


登場人物は、初々しい中学生カップルのミカコとノボル。


中学3年の夏、ミカコは国連軍の選抜メンバーに選ばれ宇宙へ、
ノボルは地球でそのまま進学。
地球から宇宙の、超・長距離恋愛。
2人を繋ぐのは携帯電話のメールのみ。


地球外生命を調査追跡する為に選抜国連軍は、宇宙の先へ先へと進んでゆく。
ミカコが地球から離れるほどに、地球にいるノボルへのメールは段々と
…十日、…一月、…一年、と時差が生じてくる。


地球との距離を広げながら、ひたすらノボルからの返事を待つミカコ。
時差のあるメールを待ちながら、地球では大人へと成長してゆくノボル。


エンディングは、ほぼ予想していたようなものだったのですが、
とても切なくなります。
まぁ、一言でいうなれば“絶対的な悲恋”ですね。


製作者“新海誠”さんの、
たった一人の手による作品なので、通常のアニメ映画と期待して見ると、
『漫画に描かれたような絵が動いている』
『話している台詞か聞き取りにくい(素人っぽい)』
『短い時間(25分)なので、内容の説明が足りない』
のような、“難点”ばかりが目に付くような作品だと思うのですが。


描かれている風景などはとても美しく、
ストーリーも、内容を把握できるような前知識があれば、
充分面白い作品だと思います。

と、いう訳でコチラ“ほしのこえ”内容紹介サイト


きっと、一度でなく二度三度くらい見ると隅々まで楽しめる、
良い作品だと思います。
(話が25分なので、見ようと思えば苦にはならないのでは?)


そんなこと言う私は。
…まぁ、他の作品も一緒に借りて見たレンタルだったので、
一度しか見ていないのですけれど(苦笑)
別窓 | 映画徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<◇007/ダイ・アナザー・デイ | デンドロ・カカリア | ◇ひとりごと。>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。