辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◆本:スター・ウォーズ崩壊の序曲/アラン・ディーン フォスター
2005-11-18 Fri 21:25

スター・ウォーズ崩壊の序曲


映画『エピソードⅠ』から、『エピソードⅡ』の間の話

銀河共和国の特使として、小惑星に任務で赴いたアナキンとオビ=ワンの冒険物語。
他に、ジェダイマスタールミナーラ・アンドゥリィと、彼女のパダワン(弟子)バリス・オフィーが出てくるのですが、この師弟もかなり魅力的!
アナキンやオビ=ワン以外の、ジェダイナイトやパダワンの考え方や行動などを知る事が出来ます。
(人物紹介:スター・ウォーズの鉄人より。)


ナブー侵略から(エピソードⅠ)10年後、共和国から脱退しようとする動きのある、辺境の惑星アンシオンに「共和国に留まるよう」説得するために、2組のジェダイが派遣された。


アンシオンの代表達は、「アンシオンの住人全ての同意が必要」だと言い、
都市に住まうアンシオン代表の彼らとは対立し続ける“アンシオンの遊牧民”たちの『共和国に加盟し続ける同意を得る事』を、ジェダイたちに求める。
しかし、アンシオン代表の中には、影で黒幕と繋がりジェダイ達の行く手の妨害を試みる者も居た。


銀河共和国を崩壊に導こうと影で蠢く陰謀の数々。
数々の危険に会いながら、ジェダイは「アンシオン離脱」を止める事が出来るのか?



「アンシオン」という独特の惑星の描写と、遊牧民達の暮らしぶりも素晴らしく読んでいてとても面白かったです。


何より、アナキンの若々しくって滲み出る自分の才能に自信満々な
青臭さが可笑しくて堪りません!!(褒めています)
そして、彼がずっと不安に思っている出来事(結果的に彼が“シス”になってしまった心の弱点)など、よりキャラクターの内面に触れる事が出来ます。


オビ=ワンの“思慮深いマスター”っぷりも、益々カッコ良すぎ


アナキンたちはアンシオンの遊牧民代表に会うため、現地の6本足のラクダのような動物に乗って草原を駆けて移動するのですが。
初めは騎獣の背中に乗るのも慣れず苦労していたのに、何日も乗っていると余裕が出てきたのか、
オビ=ワンは走る騎獣の背の上でストレッチなんかやったりしています。
恥ずかしいから、止めて下さい!


嗚呼、オビ=ワン、カッコイイ~~!!
…何を今更取ってつけたようなフォローを(爆笑)
別窓 | 読書徒然 | コメント:1 | トラックバック:1 | top↑
<<◇本:S・Wエピソード2 クローンの攻撃 | デンドロ・カカリア | ◇まるっと一日、S・W読書!!>>
コメント
きょうはづきが移動♪
しかしシオンと派遣すればよかった?
そして共和と余裕とか爆笑したかったみたい。
2005-11-19 Sat 11:08 URL | BlogPetのはづき #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
銀河共和国について
銀河共和国銀河共和国(ぎんがきょうわこく、''Galactic Republic'')とは、『スター・ウォーズ』シリーズに登場する架空の銀河規模の共同国家体。画像など''この記述にはスピンアウト(非公式)の内容も含まれます。''.wikilis{font-size:10px;color:#66666 …
2007-02-08 Thu 12:27 スターウォーズファン
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。