辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◇LOVERS~謀
2005-11-01 Tue 23:47
先日の日曜洋画劇場は「LOVERS」でしたね。
確か去年公開の映画がでしたが、もう地上波に乗ってしまうのですね…(早っっ!)



LOVERS


この映画、私はとても

大・好・き・で・すっっ!!

鮮やかな色使いのシーン(場面・画面)と衣装に、なんとも目に贅沢な映画!!
なにより、


“チャン・ツィイー”が激カワイイ    


のですよ~~~ もう、メロメロ!!
色っぽいのに、カワイイ。
華麗なアクションをもこなす、凛とした姿は惚れますよ~~。



ストーリーは、唐時代の中国が舞台。
朝廷に反旗を翻す集団『飛刀門』の撲滅の為、軍の官吏“金(金城武)”と“劉(アンディ・ラウ)”に、その指導者を捕らえるよう指令が下る。


その『飛刀門』の指導者の娘と思われる盲目の美女、“小妹(チャン・ツィイー)”。
彼女を無実の罪で軍が捕らえ、その彼女の逃亡を助ける振りをし、
『飛刀門』のアジトを突き止めようとする金。
作戦上の反乱者“金”と、軍のバイパス役を務める劉。
…しかし時同じく『飛刀門』も小妹を駒に、軍に(朝廷)対する罠を仕掛けていたのだった。


金と小妹はお互いを騙りあう敵同士ながら、心は次第に惹かれあっていく。
しかし。小妹には「飛刀門」の中にも想う相手がいた。
お互いを騙しあいながらの、この三角関係に本当の愛はあるのか?
そして軍と『飛刀門』の戦いの行く末は…?




たっぷり見せ場の華麗な“ワイヤー・アクション”(功夫とは、少々違うと思うのですが。)
一秒たりとも画面の端まで目が離せない、極彩色な背景。
まさに、映画ならではスクリーン栄えする見事な映像でした。


しかし私はこの映画を“大好き”と言っていますが、可笑しくてツッコミ所も満載なのです!!
(なんだろう?この相反する気持ちは…(笑))


ワイヤー・アクションは、あり得ない技のオンパレードなのですが(笑)
背景の鮮やかさを、引き立てる為に季節感も無視(笑)


かつて愛した男に、“裏切り”の為瀕死の傷を負わされた小妹。
その後、男2人が『秋⇒冬』と季節跨いで戦っています(笑)
その間、瀕死の小妹は生き延びました。…約3ヶ月ですかね。
(だったら、助かったも同然のような…)


そして、

“大画面の男前に、鼻血は無いよなぁ~~(笑)&(涙)”


ラストに一句。


男前、鼻血出して“ラブシーン”  季語無し。
別窓 | 映画徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<◆「火垂の墓」 | デンドロ・カカリア | ◆失敗、失敗!>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。