辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◇玉虫
2006-07-28 Fri 23:40
ここ数年母が、この季節に必ず“玉虫”に遭遇します。
そして毎回、某・ポケ★ンの如く GETだぜ! 捕獲します。

玉虫


深緑色の中に見る角度によって変化する、メタリックな七色に光るその外殻。
時が経つのも忘れて、自然が作ったそのふしぎな色に魅入ってしまう。
以前、「化粧品のキラキラと銀色に光る成分に、太刀魚の表面の光る外皮を使っている。」という話を聞いたことがある。
自然が作り出した色を、人間の技術は真似する事すらまだまだ困難らしい。


玉虫と聞けば、奈良・法隆寺の『玉虫厨子』が思い浮かぶのですが、
奈良・飛鳥時代の遥か古代には、きっとたくさん玉虫が飛んでいて、
『玉虫厨子』を10個も20個も作っていたのかもしれない。(←…いい加減にも程がある計算だ。)
ちなみに、台座に2563枚の玉虫の羽を使用しているそうです。

無邪気に、『玉虫厨子を作るのが夢!』と話す母には申し訳ないのですが、
まだ生きているからと、言いくるめ 説得して自然に還す。
飛んでいった玉虫が子孫を残し、もっと増えてくれるのを楽しみに来年の夏を待とうと思う。
そして、ご臨終の際ウチの庭先に来ていただければ、母の野望も…(苦笑)


玉虫&玉虫厨子に関する、興味深いサイトがあったのでご紹介。
玉虫厨子のタマムシの話
http://skino49.web.infoseek.co.jp/tamamushi/tamamushi/index.html
 本家サイト 「自然観察 大阪府池田市北部」
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<◆花火 | デンドロ・カカリア | ◆人の噂も75日…>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。