辺境ボヤキBLOG  気になった事を何でも…               基本的に、ひとりボケ&ツッコミ完結型+腹黒
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
◇本:あらしのよるに
2007-04-30 Mon 20:22
オオカミとヤギの種族を超えた友情物語?

本を読んだのは去年の話なのですけれど、先日(4月8日)TVで放送されましたね。
(……って、私の“先日は”どれだけ前の事だっ!?)
実はこの映画、他番組とチャンネル間を行ったり来たりしてよく見ていませんでした(爆笑)


小説 あらしのよるに

著者:木村裕一。
妻は辺見えみりちゃんでは無いらしい。漢字一文字違い。
木村“裕”一 ←こっち作者
木村“祐”一 ←こっちキム兄ぃ


あらしの夜の暗闇の中で、お互いの姿が見えずに仲間と勘違いして次に会う約束をしてしまい、
実は天敵同士の“オオカミ”と“ヤギ”だった!という2匹の物語。


初めに、この本は児童書として“絵本”という形で世に出ていたそうです。
その後人気が出た為、シリーズ化して約10年をかけて完結を迎えました。
確かに、“敵対する異種族間に友情が芽生える”というストーリーは、
子供たちに「喧嘩をしてはいけないよ、みんな仲良くね。」
という格言めいたことを伝えるのにわかりやすい題材だと思います。

これを異民族間の争い等に置き換えて、大人でも考えさせられるもの(題材)か?というと、
ところがどっこい少々ニュアンスが違ってくるように感じます。
(世間一般的には)まるで「ロミオとジュリエット」のような悲劇。…なのだそうですが。
成る程、そう言われると“ヤギ”と“オオカミ”の二匹の取った行動は、
まさしく“愛の逃避行”に他ならず、“争いはよくない”というメッセージも少々霞みがちです。

むしろ、そういう風にしか物事を捉えられなくなったら『大人』なのかな~~。
と、心も目も曇りまくった自分にちょっと落ち込んでみたりして(苦笑)

しかしながら、この 『小説 あらしのよるに』 は、『大人』目線向けの結末になっています。
昔、永瀬正敏さんが出ていた某CMの台詞を思い出しました。

『愛だろっ!愛っっ!!』

そんな感じです。
スポンサーサイト
別窓 | 読書徒然 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
◆サルバウアー
2007-04-29 Sun 11:36
携帯電話のデータを整理中に見つけた、ネタ写真

『イナバウアー』ならぬ。

飛騨の“さるぼぼ”だから、 『サルバウアー』


20070430113630


……って、時期も何もかも外しまくり

卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍

後日談
ネットにて調べてみたら、ちゃんと正式名称がありました。
『飛びさるぼぼ』と言うそうです。
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
◇真珠の耳飾の少女
2007-04-23 Mon 23:03
暗闇の中にひとり佇む少女の、振り向きざまの光に照らし出された
強い眼差しに思わず魅入ってしまう。

「心まで描くの…?」

フェルメールが描いた絵を見て、モデルの少女が呟いた言葉。
なんて印象的な言葉だろう。


真珠の耳飾りの少女


17世紀の画家ヨハネス・フェルメールの描いた、
『真珠の耳飾の少女』の絵にまつわる完全なるフィクション。

物語の内容は、まるでスポーツ新聞並みの無粋極まりない、
お粗末なものなのだけれど、
モデルの少女役をしたスカーレット・ヨハンソンの、
清楚な中に初々しくも目を見張るような美しさに息をのむばかり。


Wikipediaによる、ヨハネス・フェルメールの項目
●http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%
AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB



それにしても、フェルメールの“エロイ注文”に笑った。
『…もっと、上唇を舐めなさい』(確か、こんな風な要求をしていた。)
やっぱり“オッサン”は助平なのだと再確認(苦笑)

フェルメールの娘の中に、映画:ナルニア物語の長女(アナ・ポップルウェル)が出ていました。
やっぱり、存在感ある個性的な顔立ちだなぁ~。
別窓 | 映画徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
◆傲慢な感情。
2007-04-22 Sun 23:51
最近といっても、先々週あたりに気になるニュースが流れたのでその事を書きたい。
…本当は私一人の胸の内にしまっておけばいいような事なのだけれど。

気になるニュースとは「代理母出産」に関する事。

確か事の発端は、「向井亜紀の代理母出産で得た子供の出生届に関する裁判」の判決決定後、急遽(判決が出たその晩だったと記憶している。)
不妊治療にあたっている産婦人科医と代理母出産を望む女性達の記者会見が行われた。


とても残念な事に子宮を持たない(または失くしてしまった)女性がいる。
そんなやむを得ない事情で、それでも実子を望む女性達がメディアに訴えかけたのだ。
夜7時台に見たニュースには、涙ながらに「代理母出産を認めて欲しい、ボランティアの代理母を募集します。」と語る女性の姿が合った。

…人間は生まれながらに完全体でいることがあたりまえの様に思われがちだけれど、実はそのことの方が奇跡なのだと痛切する。
医療の技術が進歩したお陰で受けられる治療法というものに選択肢が広がった。
そこで今回の“妊娠”に関して、自分達では解決できない部分に必要な第三者の“代理母”募集を大々的に発表したのだ。



私は「献血」が大好きなので、一年間にできる分量だけ毎年済ませている。
そのときに献血ルームに貼っている「骨髄バンクのドナー募集」のポスターがいつも目に付く。
見るたび『これ(骨髄バンク)は、私は協力出来ないなぁ~。』と、思ってしまう。

「メンバーが足りません」と言っているCMを作りながらその実、自分の命を懸けたとてもリスクの高いボランティアだという事には一言も触れない。
代理母出産のボランティアは、“出産経験がある人”も条件にあるらしいが、
それでも「命を懸けたボランティア」という事に変わりない。
骨髄ドナーの時とは“経験”という部分が違ってくるかもしれないが、
妊娠にあたり“十月十日の拘束”は、ある意味骨髄ドナーより過酷だと思ってしまう。
そして「命を懸けたボランティア」を、メディアに載せて軽々しく募集することの危険さに不安を覚えてしまう。


「ボランティアに協力しない人間が、一体何の文句があるのか!」
そう言われれば、返す言葉も無い。
先述したように
『人間の技術が進歩したお陰で受けられる治療法というものに選択肢が広がった。』けれども、
私には“代理母出産”とは“クローン人間”と等しく、人間の都合で踏み込んでいい事だとは到底思えないのである。

これは、健康体である私のとてつもない傲慢な感情なのかもしれない。
それでも、“代理母出産”してまで実子を望む女性達の“エゴ”に見えてしまい、訴えに違和感を感じてしまうのだ。



※一部誤字の指摘を受けたので修正しております。
関係者の方々に不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。
別窓 | 日々徒然 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
◇とか思ってたらしいの(BlogPet)
2007-04-19 Thu 10:04
今日、デンドロが

新人にしてL.ハミルトンの3戦◆表彰台という結果に驚かされていると同時に、
いままで皇帝がいた頃とは、もう全く違う新時代がきたのだなと、
改めて感じたバーレーンGPでした。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「はづき」が書きました。
別窓 | Blog pet | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
◆F-1第3戦バーレーンGP 
2007-04-16 Mon 01:00
あれほど、開幕直前にひとり“お祭り騒ぎ”でしたが、
ブログの方サボってすみません。
先の2戦はちゃんと見ていたのですが、バトンの散々たる結果に、
なかなか気分が乗らずにここまできました。


F-1 第3戦 バーレーンGP

開幕戦からず~~~~~っと、HONDAマシンの力不足っぷりに、
TVの前でハンカチ噛み締めて悔しさのあまり、血を流していましたが
(それはっ歯槽のうろ…では?!)
とうとう悲劇が起こってしまいました。


スタート開始直後のコーナーにて、バトンのマシンがクラッシュ!!
大きくスピンしたマシンから暫くして、自力で降りてきたバトンを見て一安心。


神様にではないけれど、とりあえず彼を助けた何かに感謝!


<結果>
1位 F・マッサ
2位 L・ハミルトン
3位 K・ライコネン



新人にしてL.ハミルトンの3戦連続表彰台という結果に驚かされていると同時に、
いままで皇帝がいた頃とは、もう全く違う新時代がきたのだなと、
改めて感じたバーレーンGPでした。


あ、ようやく“赤いライコネン”に違和感がなくなりました(笑)
別窓 | Racing徒然 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| デンドロ・カカリア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。